お金の無い人でも債務整理の法律相談ができる

main-img

借金問題に苦しんでいるときには弁護士などの専門家に法律相談することで、債務整理の依頼をすることが可能です。



専門家に法律相談をすることによって、手続きをスムーズに進めることができるメリットがあるわけですが、いくらぐらいの費用がかかってしまうのか気になる点と言えます。
債務整理の手続きを検討している人は、貸金業者などから借り入れを行って、返済に行き詰っている状態であると考えられまるので、金銭的に困っていると言えます。



ただし、そのような状態であっても、債務整理の手続きを行うために専門家に法律相談をするときには、費用がかかることを考えておかなければなりません。



費用のことを考えて債務整理の法律相談について、躊躇してしまう人も多いと言えます。

金銭的に困っている人が債務整理の手続きをするときには、民事法律扶助という制度を使うことができます。



民事法律扶助制度は、総合法律支援法に基づいて行われている公的な制度になります。



この制度を活用することによって、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するときに費用を立て替えてもらうことが可能になります。



法律扶助の制度を活用すれば、資金の無い人であっても債務整理の手続きを行えるので安心です。

民事法律扶助制度を利用するためには、資産や収入のおける基準が設けられていて、基準を満たすことによって利用することが可能になります。

この制度を使ったときでも弁護士や司法書士への報酬額や実費などにおいて、決められている額があり、支払いについては毎月5000円ほどの分割払いが可能です。

関連リンク

subpage01

電話による便利な法律相談

土地・建物や相続、離婚、金銭貸借など、日常の生活をしているなかで発生してしまったさまざまなトラブルについては、弁護士による法律相談を受けることによって、法律上の問題点があきらかとなり、解決へのいとぐちが見えてくることがあります。こうした法律相談は、地域にある弁護士事務所でも身近な市町村役場などでも行っていますが、事前予約により、直接弁護士と面談して行うというのが基本的なスタイルです。...

more
subpage02

弁護士に法律相談すれば任意売却と債務整理ができます

住宅ローンの返済ができなくなったときには、金融機関が住宅を競売にかける前に任意に第三者に売却する方法として任意売却を行う方法があります。任意売却であれば競売よりも高い価格で売却できる可能性が高いですので、支払えなくなった住宅ローンの返済のために住宅を売却して得た代金によって、住宅ローンの残高の返済に充てることが可能になります。...

more